Marble Surface

小5灘開成コース 第2講座について

この講座は、小5生と小4生(飛び級生)を対象に、中学受験・算数の文章題における基礎を習得できる講座です。 最強塾では難しい講座が多いと思われがちですが、この講座では基礎を徹底的に教えていきます。​授業の進行速度は小6生とは違って、非常にゆっくりですが、その分導入授業をたっぷり行い、別の解法もたっぷり教えていることで、算数の柔軟性と解き方の判断力と瞬発力を全部同時に養成していきます。

対象志望校・対象主眼校

灘中、東大寺学園中、甲陽学院中、洛南高附属、洛南高附属(女子)、大阪星光学院中、西大和学園中、西大和学園中(女子)、洛星中、神戸女学院中、四天王寺中

 

その他:開成中、筑波大付属中、武蔵中、麻布中、東海中、愛光中、ラサール中、久留米附設

授業・講義内容とレベル

導入授業⇒例題⇒A問題⇒B問題⇒C問題。

​この講座は、どの単元の授業も必ず導入授業からスタートします。そのため、進学塾に通っていないお子さんでも分かるように、ていねい過ぎるくらいに授業で解説しています。​導入授業が終われば、例題へと進みます。そして、問題の基礎パターンを学んでいきます。基礎パターンを習いながら、必要な公式を覚えていきます。​基礎パターンが終われば、Aランクの易しい問題演習を解説していきます。

​Aランクの問題演習は、公式を身に付けるために行います。

​​次にBランクへと移ります。

 

​これは、少し発展させた問題です。答えから逆算していくものもあれば、読解力を要する問題もあれば、数が大きくなっていくものもあれば、条件が付加されてより複雑なものもあります。

​​ここで、入試問題の対応力を磨いていきます。

 

最後にC問題です。

 

​これは実際に小6の最難関で出題されている問題です。時間を与え、解いてもらいます。

その後、解説していきます。

​​​​

1時間半で導入からスタートし、全く知らなかった単元の文章題でも、授業終了時には、かなり難しい問題でも対応できるようにすることがこの授業・講義の狙いです。

授業・講義の雰囲気

小6の授業と違って、ゆっくりと全員の顔を見渡しながら、ゆっくり進んでいきます。

 「取り残されている生徒がいないか?」「ノートの移し忘れなどはないか?」など、

塾長が教室で全て細かくチェックしていきますので、ご安心下さい。

この授業・講義による効果

小5で基礎固めに成功すれば、小6からの伸びが期待できます。

小5で基礎固めに失敗している生徒たちは、小6になってから全く伸びません。

​​

中学受験の勝負は、小5でほとんど決まります。

​​

そのため、最強塾では算数の基礎を、大手進学塾では決して教える事のない領域まで、ていねいに教えています。

大手進学塾でも、教えていない基礎の領域はたくさんあります。

​​

従って、現在・大手進学塾へ通われている方にとっては、重複する部分もありつつも、それは反復復習となりますので、理解度を高めるのにより良い機会となります。また、大手進学塾へ一切通われていないお子さんにとっては、導入授業から全て教えていきますので、大手進学塾よりも詳しく中身が濃く、丁寧に、解き方は4つも5つも教えてもらえるので、受験算数の基礎を分厚く固めるのには、非常に良い授業となります。