トップ > コース > 小6コース > 小6洛南の算数過去問解説講座

最強塾の授業は

​全て塾長が全問解説しています。

講座概要

最強塾では、関西圏の最難関校の一つであり、関西中の受験生が併願受験する名高い学校として京都の洛南附属中があります。

 

この学校は、最強塾に籍を置く塾生たちも毎年大量に受験しており、また、最難関受験を目指す女の子から絶大な人気を誇る学校でもあります。

 

そんな京都・洛南中を受験する皆さんに対し、最強塾では、今年から洛南中入試対策の一環として、洛南算数(平成6年以降の過去問)全問を解説することと致しました。

洛南附属中の問題レベルと傾向についてお話しします。

 

まずは、平成6年以降のA日程の問題についてですが、これは当時、統一入試日に実施されていた試験問題ですので、大手進学塾の毎月の公開学力テストのレベルであります。

 

よって、洛南中学を目指されるお子さん以外でも、毎月の公開学力テストの算数の成績にバラつきがあって安定していないお子さんにとっては、非常に良いレベルの問題であり、しかも算数の全ジャンル(単元)から出題されているため、算数を広く浅く網羅するにはもってこいの問題となります。

 

このA日程問題は、もともと洛南中学を第一志望(専願)としていた京都界隈の受験生向けであり、問題は現在よりも簡単なレベルで、取っ掛かり易い良質な問題が粒揃いであります。

 

よって、洛南中専願であっても、なくても、公開学力テストの算数が不安定なら、まずはこの洛南の算数全問解説講座の平成6年以降のA日程の全問解説授業を自宅で受講して下さい。全ジャンルにわたって、広い知識を習得するのにもってこいの教材となります。

 

次は洛南中平成6年以降のB日程の授業について。

 

これは洛南中を併願受験する受験生用の試験であり、灘中や甲陽学院中、大阪星光学院中などの受験を終えた受験生が受験する高いレベルのテストとなります。

言わば、現在の洛南中の試験の源流となる訳ですので、問題レベルは非常に高く、試験時間に対して、問題の難易度の高さも問題量も半端なく多いものとなり、大手進学塾での算数偏差値が最低でも60以上でなければ、何も手が出ない、歯が立たないという状態になります。

 

小5算数平常カリキュラムや小5灘開成コース第1・第2講座(小5最レ算数)などを充分に理解しているお子さんであるなら、トライしてみると面白い問題が並んでいます。

 

逆に小5算数平常カリキュラムや小5灘開成コース第1・第2講座(小5最レ算数)などの理解が不充分なのに、この洛南中B日程をやったところで点が採れるはずもなく、毎回3分の1程度しか採れない状態が続くだけで進歩しません。

 

小5までの受験算数の基礎がしっかり固まっているお子さんや飛び級生の小5のお子さんにはぴったりな問題です。

 

逆に小5までの受験算数の基礎がまだ固まっていないお子さんはA日程からやって下さい。

 

また、洛南中平成6年以降のB日程の問題は、最強塾での小6平常カリキュラムレベルと小6最レ第2講座レベルの問題が多いです。

 

これらの講座をしっかりと勉強していれば3分の2ほどは採れるように思われます。

 

テスト時間に対して、問題数がとにかく多いので、脳みその瞬発能力を養成するための良質なテストでもあります。

 

知っておかなければならない算数の技術力と知識量は灘中と比べると、そんなに言うほどではありませんが、条件整理能力と瞬発力、そして正確な作業力が必要です。

 

また洛南中学校の算数を解説してますと、出題範囲は全範囲全ジャンル全単元であることが分かりました。

 

特に、極めつけは、B日程の立体図形と場合の数、速さ、更に単位あたりの量です。

 

この4単元を極めると併願受験でも容易く合格できます。

 

逆にそれが難しいからこそ受験生は悩まされている訳ですが。

 

とにかく、現在の洛南中へ合格しようと思うなら、このB日程を攻略して何ぼです。

 

最近の年度のものは難しすぎますので、いきなり最近の年度から始めるのではなく、平成6年のB日程から徐々に慣らしていく必要があります。

講座の特徴

洛南の算数 過去問解説講座は、通塾して教室で受講する場合と、Webで授業動画受講ができます。

 

その中で、小5・小6の塾生の皆さんは、テストのやり方や制限時間、準備するもの、トイレなどの注意点は全て映像授業内にて指示していますので、それに従って、まずはテストを受けて下さい。教室では解説授業、Webでは授業動画が始まります。

 

勉強用の大学ノートを準備して、塾長の解説している板書を全て書き写して下さい。

 

図や表、線分図などはできるだけ大きくノートに写しましょう。

 

問題を解説しながら、塾長が正解をどんどん発表していきますので、正解が発表されたらノートに書き写しながら、赤ペンで自己採点してください。

 

小問ごとの得点は、塾長から発表していきますので、丸つけしながらメモしていきましょう。

 

また、全問解説が終了すれば、目標点や合格点なども年度ごとに発表しますので、是非参考にして頑張ってついてきてください。

小5のみなさんは、是非平成2年から徐々に進んで受講してみてください。やがて平成31年のものまで、洛南附属中学校の算数の軌跡を全て経験すれば、洛南附属中学校全体の流れや特徴・傾向など手にとるように分かってくるでしょう。

講座詳細

受講資格
受講資格の判定テストは、設けていません。

持ち物
筆記用具
(鉛筆・赤ペン・青ペン・消しゴム)
ノート

受講料
1講義 10,000円 税別

受講までの流れ

通塾にて教室で受講される場合は、まずは入塾前に塾長による無料教育相談(算数)を受けてください。教育相談では、今現在通われているお子さんの直近3ヶ月分の成績表やテストの問題用紙、解答用紙をもとに塾長が合格までの道のりをお伝えしています。その後、教室にてご相談の上、無料体験を受講して下さい。

 

Web受講をご希望の場合は、最強塾の事務局までお問い合わせ下さい。

また過去問シリーズにおいては無料体験がございませんので、平常シリーズ以外の講座より、体験入塾として、無料体験のお申し込みをなさって下さい。1講義は無料で授業動画を受講でき、入塾後にはもう1講義、授業動画を無料体験として受講できます。

ご相談・お問い合わせ

学習や受験に関するご相談など、お気軽にお問い合わせください。

0120184520201902.jpg
塾長教育相談バナー.gif
塾長出張教育相談バナー.gif
最難関中学受験対策の個別指導塾